ichioshi-netgroup

ICHIO*市ロゴichioshi-netgroup ロゴ

エンゼル・ハート

2014年10月3日発売

原作はウィリアム・ヒョーツバーグの「堕ちる天使」で、内容が凄惨なため廃刊問題も起こった事のある作品。主演はミッキー・ローク。事件の真相に迫りながら、自分が何者なのかを追求していくような物語展開で、ミッキー・ロークの異様さが冴えわたってます。

共演のロバート・デニーロの異様さにも拍手。この人たち、やっぱ演技はなんでしょうね☆


テス

テス tess

2013年10月25日発売

1980年度のアカデミー賞撮影賞、美術監督装置賞、衣裳デザイン賞を受賞した作品。また、主演のナスターシャ・キンスキーは、この作品で、ゴールデングローブ賞 新人女優賞を受賞している。

原作は、トーマス・ハーディの「ダーバヴィル家のテス」


シェーン

シェーン shane

2013年9月13日発売

不朽の名作に入るのではないでしょうか? 

少年ジョーイの「シェーン、カムバック」の叫びで終わるこの映画。ラストシーンがやたらと焼きつく映画です。
1953年公開のアメリカ映画ですが、今またブルーレイで発売されるのですから、ファンが多い作品なんでしょうね?
アカデミー作品賞に輝いた作品です!


ネバー・エンディング・ストーリー

ネバーエンディングストーリー

2013年9月4日発売

永遠のファンタジー映画。

いじめられっ子のセバスチャンは、「はてしない物語」と言う本を読み始める。おとぎの国ファンタージェンは悪夢により消え去ろうとしていた。ファンタージェンの救い主を探し求めるアトレーユや、ファルコンなどがおとぎの世界を彩る。原作とは違うラストに訴訟沙汰になった事は有名。


12人の怒れる男

12

2013年4月24日

17歳の少年が起こした殺人事件。有罪は決定的だと思われていたが・・・・。一人の陪審員が疑問を呈した。

たった人の陪審員が疑問が、他の陪審員たちの考えを少しずつ変えていく。
密室で起こる12人の苛立ち、怒りなどは見もの。


シンドラーのリスト

schindler

2013年4月19日発売

シンドラーのリスト 製作20周年アニバーサリー・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

ホロコーストが行われているさ中、ナチス党員でもあったオスカー・シンドラーが救おうとした命
スティーブン・スピルバーグが初のオスカーに輝いた、ホロコーストの真実を描いた傑作が遂にブルーレイで発売 !


愛と哀しみのボレロ

bolero

2013年3月30日発売

名匠クロード・ルルーシュが自らのキャリアの集大成として挑んだ作品。
カラヤン、グレン・ミラー、ルドルフ・ヌレエフ、エディット・ピアフという4人の国籍の違う音楽家たちをモデルに、彼らの愛と悲しみに満ちたさすらいの人生が描かれる。監督は名匠クロード・ルルーシュ、音楽はミシェル・ルグランとフランシス・レイ、バレエの振り付けにはモーリス・ベジャール、さらにダンサーとしてジョルジュ・ドンが出演。


禁じられた遊び

禁じられた遊び

2013年5月24日発売

1952年に公開されたフランス映画。
第二次世界大戦中、ドイツの攻撃により両親を亡くした少女は、死んだ子犬を抱いたままさ迷ううちに、少年ミシェルに出会う。
子犬のためにお墓を作ったことから、二人は死んだものを次々と埋葬し、自分たちのお墓に使うために十字架を盗むようになる。


レナードの朝

レナードの朝

出演:ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ

1990年公開。ロバート・デ・ニーロとロビンウィリアムズ。演技派の二人が奏でた短すぎる友情、恋愛。。。。
30年間も昏睡状態だったレナードを目覚めさせたマルコム。けれど、それにも終わりがあると気付いた二人の葛藤や怒り。

実話をもとに作られた作品。実際には20名の患者の記録だが、映画ではレナードを中心にした作品となっている。


哀愁のトロイメライ  クララ・シューマン物語

哀愁のトロイメライ ~クララ・シューマン物語

出演:ナスターシャ・キンスキー、ヘルベルト・グリューネマイヤー

1983年公開。シューマンと言えば、まっさきに作曲家ロベルト・シューマンを思い浮かべるが、その妻でピアニストだったクララ・シューマンも有名。
9歳でプロデビューしたクララは、天才少女として知られるようになり、クララの父親に師事したロベルト・シューマンと結婚することになる。
当時、最も人気のあった女流ピアニスト・クララの半生を描いた秀逸な作品。

ユーロに変わる前のドイツマルクでは、肖像画が使われていたほど、ドイツ人にとってクララは愛すべき人だったみたいですね☆


リック

リック

出演:ブラッド・ピット、シェリル・ポラック、ガイ・ボイド

1988年公開。紫外線に当たると死んでしまう難病を持つリックが選んだ恋と彼自身の人生。
ブラッド・ピット23歳の時の主演映画。全身黒ずくめで現れるとかなり異様ですが、それを脱いだブラピはかなりの美青年です!

ブラピファンなら是非見ておきたい一本だと思いますが・・・なかなか手に入りません(^_^;)


天使とデート

dateangel

出演:フィービー・ケイツ、エマニュエル・ベアール、マイケル・E・ナイト、デヴィッド・デュークス

1987年に公開されたこの映画。天使が出ていると言えば、結構うそくさいイメージが付きまといますが、天使を演じるエマニュエル・べアールの可愛さに匹敵する女優さんは、どこを探してもいないでしょうね。

それに、翼の似合う人も、なかなかいないでしょうね☆


Love Dream 愛にふるえて

lovedream

出演:ダイアン・レイン、クリストファー・ランバート

1988年公開のファンタジー映画。
当時、ハリウッドで若手女優として一番注目されていたダイアン・レインが出演した映画。カバーは、ひどすぎるB級感漂ってますが、結構幻想的な映画。

この映画で知り合った主演の二人は結婚しましたが、活躍する国が違ったせいもあって離婚されました・・・・。


Solstice 死霊の棲む森

solstice

出演:エリザベス・ハーノイス、ショーン・アシュモア、タイラー・ホークリン、 アマンダ・サイフリッドヒラリー・バートン

2008年公開のホラー映画。
出演者に注目です。ドラマ「マイアミ・メディカル」のエリザベス・ハーノイズ、映画「赤ずきん」「TIME」のアマンダ・サイフリッド、ドラマ「One Tree Hill」のヒラリー・バートン。ショーン・アシュモアは、ドラマ「ヤング・スーパーマン」や映画「Xmen」シリーズに出演

双子の妹ソフィーが自殺したミーガン(エリザベス・ハーノイズ)は、卒業旅行に出かけた湖畔の町で、ソフィーを感じ、交信しようと試みる・・・・というストーリー。
出演者たちの若いころの作品として、見る価値はありそう★